ドイツからチェコへ (エルベ川沿いに)2012年09月17日 10:30

ドイツの古都ドレスデンからチェコの首都プラハへは、エルベ川に沿って行く。この区間には2時間ごとにECが走っている。客車はドイツ鉄道(DB)、チェコ鉄道(ČD)、ハンガリー国鉄(MAV)が担当している。
ドイツは交流15,000ボルト、チェコは直流3,000ボルト。国境が電化方式の切換地点で、ここを直通するために専用の2電源対応機関車がチェコで開発された。ドイツでは180型、チェコでは371・372型である。

■2006年6月28日
EC 173列車 (ウィンドボナ)
ハンブルク・アルトナ駅(7:04)→ウィーン南駅(19:03)
 ※実際はバート・シャンダウ駅(12:44発)からプラハ・ホレショビツェ駅(14:27着)まで乗車。

ECは通常はドレスデン中央駅で2電源対応機関車に交換する、この年はドレスデン中央駅の大改修工事の影響で、もっとチェコ寄りのバート・シャンダウ駅に変更になった。同駅までは先行するローカル列車で行くことにした。

1年前のドレスデン中央駅での機関車交換風景。EC 177がベルリンから到着。2005年7月12日撮影。

チェコ鉄道の2電源対応機関車に交換。2005年7月12日撮影。

ドレスデン中央駅を発車。客車はチェコ鉄道の所属だ。2005年7月12日撮影。

エルベ川を左手に見ながら進む。2階建ての客車から撮影。

エルベ川をクルーズする船が見えた。チェコの方向に向かって川を遡っている。

こんな駅もある。

バード・シャンダウ駅に到着。国境は数駅先だ。

プラットホーム側の駅舎。

同じく駅舎。横に長い。

ドイツとチェコを結ぶ大幹線なので、貨物列車が頻繁に通る。これはドイツ鉄道の2電源対応機関車の180型。

こちらはチェコ鉄道の2電源対応機関車の372型。チェコ鉄道の機関車の塗装は白と青に変わりつつある。

EC 173が到着。エルベ川沿いを走るせいか、この列車の始発はエルベ川が北海に注ぐ町のハンブルク(ハンブルク・アルトナ駅)だ。

ドイツ鉄道の電気機関車はここまで。いったんチェコ側に引き上げ。

チェコ鉄道の2電源対応機関車371型が近づいてきた。371型は372型の高速タイプ。この機関車は以前ドイツ鉄道の所属だったため、チェコ鉄道の塗装ではなく、ドイツ鉄道の赤い塗装のままだ。

連結が終了。客車はドイツ鉄道の所属だ。2電源対応の機関車なので、国境で走りながら電源を切り替える。

左右がよく見えるので食堂車に移動した。ポテトがおいしかった。

国境を越えてチェコに入ると、エルベ川はラべ川と呼ばれる。

チェコのジェチーン(Děčín)駅に到着。ドレスデン中央駅から乗ってきた係官はここで下車する。当時は列車内でパスポートチェックがあった。

反対側の窓から。

少し行くとウースチー・ナド・ラベム(Ústí nad Labem)駅に到着。ウースチー・ナド・ラベムはラべ川にあるウースチーの意(フランクフルト・アム・マインと同じ)。

プラハ郊外のプラハ・ホレショビツェ駅に到着。当時はプラハ中央駅に行く列車以外のECは線路容量の関係で中央駅に寄らない。乗客はここで下車し地下鉄などに乗り換える。2電源対応機関車もここまで。

チェコ鉄道の機関車が来ると思ったら、スロバキア鉄道の機関車がやって来た。

出発準備が完了。この機関車はオーストリアとの国境駅のブジェツラフ(Břeclav)まで行く。

コメント

_ r4i gold 3ds ― 2012年09月17日 16:06

このブログのデザインが素敵!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tachibana.asablo.jp/blog/2012/09/17/6576058/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。