ルーマニアからブルガリアを経てトルコへ2012年11月26日 10:12

ルーマニアのブカレスト北駅からドナウ川を渡りブルガリアへ、そしてトルコのイスタンブール・シルケジ駅まで夜行列車で行った。ブルガリアとトルコの間は深夜で車外に出られず、詳細は不明。

■2007年6月8日~9日
499・81031列車(ボスポラス号)
ブカレスト北駅(13:24)→イスタンブール・シルケジ駅(8:25)

ブカレスト北駅の駅舎。この駅も行き止まり式の駅だ。プラットホームの数は多く、にぎやかだ。

前日乗った460列車の姉妹列車の461列車(ビデレ駅までは465列車)。やはり3両編成だ。

車掌は前日の列車の車掌だった。

アラド駅へ行くIC525列車。こちらは幹線で電気機関車が牽引。客車も多く、その設備も良い。

出発案内板。列車の本数も多い。

イスタンブール行きはたったの2両編成。ビデレ駅までは電化しているが短距離(約1時間)なので、ディーゼル機関車が牽引する。

列車の前はルーマニア鉄道(CFR)、後ろはトルコ国鉄(TCDD)の所属だ。

座席は前のルーマニア鉄道の寝台車。

乗車した客車の行き先案内。

ビデレ駅でブダペストからの客車1両(ハンガリー国鉄)を連結。

出発準備が完了。3両になった。

ルーマニアの国境駅のジュルジュ駅に到着。隣には姉妹列車の498列車が遅れて到着。このブルガリアの機関車が国境区間を牽引するようだ。

ジュルジュ駅の駅舎。全員のパスポートは係官が回収し、チェックの後で返却された。客車の天井まで開けて不審物(密輸品)がないか調べていた。

鉄道・自動車併用橋のたもとの堂々としたゲートを通過する。

進行方向左にあった道路が徐々に鉄道の線路の上に乗って来る。

鉄道の橋には国境を示す標識がない(YouTubeによると道路にはある)。ここら辺が国境だろうか。

ブルガリア側のゲートを通過。「1952」は橋の工事を始めた年(完成は1954年)。

ブルガリアの国境駅のルセ駅に到着。ブルガリア国鉄のディーゼル機関車はここまで。ここからは電気機関車が牽引する。

快走する列車。ルセ駅で先頭に1両増結されたようだ。

ゴルナ・オリャホビツァ(Gorna Oryahovitsa)駅に到着。ここで電気機関車が交代する。

この電気機関車がディミトロブグラード(Dimitrovgrad)駅まで列車を牽引する。もう夕方だ。

途中の駅に停車。午後の8時30分だが、まだ明るい。

ディミトロブグラード駅に0時過ぎに到着。真夜中だ。ここでソフィアからの客車を連結し、ディーゼル機関車に公開して国境に向かう。外に出て写真を撮りたいが寝台車の車掌がOKしない。なお、ディミトロブグラード駅はセルビアにもあり(国境駅)、ややこしい。57分遅れの1時12分に発車。
深夜の大平原では星がよく見え、なかなか寝られない。

トルコの国境駅のスビレングラート(Svilengrad)駅でパスポートの回収・返却があった。66分遅れの3時06分に発車。

トルコの国境駅のKapıkule駅に到着。ここからは電化区間になる。そのためブルガリア国鉄のディーゼル機関車はここまで乗り入れたと思う。隣のプラットホームにイスタンブールからの列車が到着した。
停車してもなかなか入国手続きが行われない。仕方なくうとうとしていたら4時40分頃に、「パスポート」の声で起こされ、駅の事務所に向かう。空が明るくなってきた。1時間31分遅れの5時01分にようやく発車した。

睡眠不足でぐっすり寝て、起きたらもうイスタンブールの郊外だった。先頭の電気機関車が国境から列車を牽引して来たのだろう。客車と似た塗装をしている。

イスタンブール・シルケジ駅の構内に入った。左に見えるのは近郊電車のようだ。

イスタンブール・シルケジ駅に1時間19分遅れで到着。

昼下がりのシルケジ駅のプラットホーム。長距離列車は少ない。

シルケジ駅の駅舎。トルコ人は親日派だ。写真を撮っていたら、「シンカンセン」という声を掛けられた。

イスタンブールにもトラムが走っている。これは最新型。

シルケジ駅はボスポラス海峡の近くにある。フェリーからシルケジ駅のあるヨーロッパ側を見る。あちこちにモスクが見える。

フェリーでは軽い飲み物を売っていた。お茶を飲んだ。

ヨーロッパとアジアを分けるボスポラス海峡。少し波が立っている。

アジアのイスタンブール・ハイダルパシャ駅は海峡沿いにあった。

ハイダルパシャ駅のプラットホーム。昼時のせいか、ひっそりしていた。

ハイダルパシャ駅に到着した列車。

ブルガリアからルーマニアへ2012年11月21日 10:41

ブリガリア国鉄(БДЖ/BDZ)の国境駅はルセ(Ruse)駅、ルーマニア鉄道(CFR)の国境駅はジュルジュ(Giurgiu)北駅。国境をドナウ川が流れている。
ブルガリアとルーマニアは共に東ヨーロッパ時間を採用している。

■2007年6月7日
460列車(ビデレからは468列車)
テッサロニキ駅(0:04)→ブカレスト北駅(19:17)
 ※実際はソフィア中央駅(8:21発)から乗車

朝のソフィア中央駅。コンクリート造り。少しもやがかかっていた。

駅のホールには小さな蒸気機関車と客車が展示されていた。

ホールの列車案内表示。キリル文字でさっぱりわからない。「15」は遅れ時間か。

テッサロニキから列車が到着。列車は駅でスイッチバックしてブカレストへ向かう。

先頭の寝台車をプラットホームに残して、それ以降の客車は引き上げた。

ブカレスト方向から6両の客車が機関車に押されて入って来て、寝台車に連結。

2等座席車のコンパートメント。4人掛けだ。

女性の駅員が出発合図。53分の遅れだ。

殺風景な駅だが、プラットホームの数は多い。

3両目の客車から前方を撮影。

先頭の客車から後方を撮影。幹線で複線が続く。

Mezdra駅で停車。隣には4両編成のクラッシックな近郊電車。

駅員が出発合図。やはり53分遅れ。遅れは回復できない。

Pleven駅に停車。重厚な造りの駅だ。

Levski駅。似た駅舎は他でも見かける。

すれ違ったディーゼル動車。ブルガリア国鉄は古い車両が多いが、たまにはこのような新たに導入された車両も走っている。

小さな駅にはこのように木に囲まれた駅も多い。

ゴルナ・オリャホビツァ(Gorna Oryahovitsa)駅に到着。この近くまで複線。

この駅は黒海方面への線路が分岐する鉄道の要所だ。

食堂車がないので、駅の売店でパンとビールを購入。

単線のため停車して列車交換。

時刻表を見ると、姉妹列車の461列車のようだ。

この客車はルーマニア鉄道の寝台車。

姉妹列車が通過し、こちらも発車する。駅はDev-Mogili駅か。

ようやく国境駅のルセ駅に1時間26分遅れで到着。

ルセ駅では前2両の客車を切り離した。左にブルガリア国鉄のディーゼル機関車が待機。出国チェックがあり、またいつ発車するか分からないので、プラットホームに出られない。

国境駅の間を牽引するブルガリア国鉄の機関車がやってきた。旧ソ連でよく見かけるディーゼル機関車だ。

隣のプラットホームにブカレスト北駅発・イスタンブール駅行きの列車(ボスポラス号)が到着。

この日は4両編成だった(翌日乗った時は3両)。

進行方向左から自動車道路が近づき、頭上に上がった。このドナウ川の橋は鉄道(下)と自動車(上)の併用橋だった。

列車はゆっくりと橋を進む。川の中央が国境だろうか。鉄道には国境を示すものはなかった。

どうやらルーマニアに入ったようだ。

頭上の自動車道路が降りて来て、右側に移つる。

進行方向右手の自動車道路が真横になる(後ろを振り返って撮影)。

橋の始まる場所には堂々とした2つの建造物があった(ブルガリア側にもある)。

ルーマニアの国境駅のジュルジュ駅に到着。牽引してきた機関車は隣の線路に引き上げた。今度はどのような機関車になるのか。外に出たいのだが、出られない。

ジュルジュ駅の駅舎。車内全員のパスポートを回収し、事務所でチェックして、車内で返してくれた。パスポートを持って行かれると少し不安だ。

ビデレ(Vedele)駅に到着。この駅はブカレストとハンガリーのブダペストを結ぶ幹線上にある。ここでブダペストへ行く客車を切り離す。

分離作業があるので、ようやく外に出て機関車の写真を撮影できた。

隣の線路に転線し後部の客車を切り離す。


ブカレスト北駅に55分遅れで到着。結局、客車は3両になっていた。

これはルーマニア鉄道の電気機関車。工場を出たばかりなのかピカピカの塗装だった。

ブカレスト北駅の構内。とてもにぎやかだ。

旧ユーゴ その4 (セルビアからブルガリアへ)2012年10月21日 17:02

セルビア鉄道(ŽS)とブルガリア国鉄(БДЖ/BDZ)は同じ交流25,000ボルトの電化方式だ。両国の首都を結ぶ線だが、直通列車は1日にわずか2往復しかない。セルビアは中央ヨーロッパ時間、ブルガリアは東ヨーロッパ時間を採用している。そのため、国境で時間を1時間進める必要がある。

■2007年6月6日
D 491列車
ベオグラード中央駅(8:40)→ソフィア中央駅(17:44)

ベオグラード中央駅前のトラム。

ベオグラード中央駅の駅舎。

中央駅のプラットホーム。右がローカル用、左が長距離用。すでにソフィア中央駅行の列車が入線している。

列車は客車が5両だ。一番後ろの客車(寝台車)はイスタンブール駅まで行く。

列車を牽引する電気機関車は461型。

定刻にベオグラード中央駅を発車。駅の構内は広い。

駅のはずれに機関車の留置場所がある。

留置場所には蒸気機関車が放置されていた。いつまで使われていたのだろうか。

ベオグラード郊外の4線区間を行く。まもなく4線は終わり、単線や複線が続く。客車の落書きがひどい。2両目の客車の塗装は右と左で違うようだ。

Palánka駅に停車。女性の駅員が列車を監視。

ヤゴディナ(Jagodina)駅で列車交換。この機関車には昨日出会った。ここから単線になる。

ニシュ(Niš)駅に到着。各方面への分岐駅で、マケドニアへ向かう線が出ている。セルビアで3番目の都市だ。

電化区間はここまで。ここまで列車を牽引して来た機関車が切り離される。

列車の反対側にディーゼル機関車が連結。進行方向が逆になる。時刻表上での停車時間は32分もある。

隣のプラットホームの列車。同じ461型だが、塗装がボロボロ。

駅構内の機関区では牽引して来た機関車がパンタグラフを下して一休みしていた。

その先にはまたも蒸気機関車が放置されていた。

ニシュ駅から国境まで単線が続く。機関車は音が大きく排煙もすごい。スピードは出ず、駅の手前でいったん停止するので、次第に遅れる。この区間は完全にローカル線だ。

車窓にこのような石灰岩が続く。

列車の後ろを振り返る。スロベニア以来のトンネルもある。


Bela Palanka駅に停車。30分遅れで発車した。

ひなびたČiflik駅で長時間の運転停車。

停車は姉妹列車との交換のためだった。

この区間の列車は昼が1往復、夜に1往復とさびしい状態だ。

構内のカーブをゆっくり進む姉妹列車。

セルビアの国境駅のディミトロブグラード(Dimitrovgrad)駅に到着。今までの駅とは違う見違えるような駅だ。架線も張られ、ブルガリア国鉄の電気機関車が待機していた。プラットホームには乗客が多数。外に出ようとしたら係官に制止された。

列車から見た駅舎。乗客はぶrこウガリアからこまでたばこなどを買い出しに来るようだ。

セルビア鉄道のディーゼル機関車が切り離され、ブルガリア国鉄の電気機関車が前進して、客車に連結する。機関車は44型だが、更新・改造されて特別の塗装を施されている。出国と入国の両方のチェックをここで行った。

列車は満員になった。駅を45分遅れて発車した。ソフィアの近郊まで単線が続く(写真は駅の構内)。

ソフィア中央駅に到着。約1時間半遅れた。機関車は到着後すぐに切り離された。

ソフィア中央駅の駅舎はコンクリート製でばかでかい。ちょうどブカレスト来た駅を経由してモスクワへ行く列車が停車していた。