ウクライナからロシアへ2012年12月29日 11:29

ウクライナの首都キエフからロシアの首都モスクワまでブルガリア急行に乗った。ウクライナ鉄道の国境駅はZernove駅、ロシア鉄道の国境駅はSuzemka(スゼムカ)駅。スゼムカ駅は大きな駅で、急行列車が停車し、機関車の交換をする。
ウクライナとロシアは1時間の時差がある。

■2011年7月13日
60 列車(ブルガリア急行)
ソフィア中央駅(20:40)→モスクワ・キエフスキー駅(22:40)
 ※実際にはキエフ中央駅(10:10発)から乗車。

キエフ中央駅の駅舎の正面。7月12日撮影。

駅舎の内部。天井が高い。エスカレーターはプラットホームの跨線橋につながっている。

エスカレーター横の階段から駅舎の入口を見下ろす。

ドイツのシーメンスとウクライナの会社が作った新型電気機関車。7月12日撮影。

乗車する列車が到着。約1時間半の遅れだ。この列車のチケットは事前購入ができず、当日しか購入できない。本当に乗れるか心配だった。

機関車はキエフ駅で交換せず、このまま国境まで向かうようだ。

客車は寝台車だった。

寝台車の内部。少しくたびれた感じ。下の座席をあげると物入れがある。

客車内に掲示されていた時刻表。この列車(ブルガリア急行)はソフィア中央駅からの客車の他に、曜日によって同じブルガリアのヴァルナ駅、ブルガス駅からの客車が連結されている。

ロシアの国境駅のスゼムカ駅で電気機関車を交換した。列車が遅れているのでいつ発車するか分からず、プラットホームに降りて前に行き写真を撮ることができない。

ロシアのSukhinichi駅に到着。

プラットホームに乗客が降りるので、私も安心して降りる。

機関車の交換が始まった。この電気機関車がスゼムカ駅から列車を牽引してきたのだろう。

今度はこの電気機関車が列車を牽引する。このChs7型は直流3,000ボルト用。この駅で電化方式が交流25,000ボルトから直流3,000ボルトに変わる。

発車を待つ列車。

なかなか沈まない太陽を見ながらモスクワへ快走する。

モスクワ・キエフスキー駅に到着したのは翌日になっていた。ドームの列車は乗って来たのとは別の列車。

モスクワ・キエフスキー駅の駅舎。7月14日撮影。

駅の隣はご覧のように露店が並んでいた。前夜に列車を降りて駅前のホテルに入る時、露店の組み立てをやっていた。
 

コメント

_ ソフィアさん ― 2013年06月10日 14:39

ウクライナ~ルーマニア間ではモルドバは経由しないようですね。
この列車の1988年のトーマスクックに載っていた時刻では、当時ソ連の一部だったモルダヴィアのキシニョフを経由する少々大回りなルートになっていました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tachibana.asablo.jp/blog/2012/12/29/6673847/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。