ロシアからベラルーシへ2012年12月23日 10:30

ロシア鉄道(RZD)とべラルーシ鉄道(BŽD)の軌間は同じ広軌(1520ミリ)。
ロシアの国境駅はKrasnoy駅、ベラルーシの国境駅はOsinovka駅のようだが、長距離列車のロシアの国境駅はスモレンスク(Smolensk)駅、ベラルーシの国境駅はオルシャ(Orsha)駅。両方の駅は119キロ離れている。

■2011年7月11日
13・442・440 列車(モスクワ急行)
モスクワ・ベラルースキー駅(8:00)→ベルリン中央駅(8:08)
 ※実際はモスクワ・ベラルースキー駅からミンスク中央駅(15:06着)まで乗車。

朝のモスクワ・ベラルースキー駅の駅舎。

モスクワ・ベラルースキー駅の構内。手前は5・6番のプラットホーム。乗車する列車は奥のプラットホームから発車する。

乗車する列車の電気機関車。この機関車はチェコ製のChs7型。連結器が中央の自動連結器なのに注意。ロシアはヨーロッパと異なり、自動連結器だ。

反対のプラットホームから見た電気機関車。2両で構成されている。電化方式は直流3,000ボルト。

チケットをチェックする客室乗務員。列車は7両編成。

ミンスク駅まで乗ったのは最後部のこの客車。

客車はコンパートメント型。

長距離列車なので、シートは寝台になる。チケットは発車後に車掌が回収(ミンスク中央駅の手前で返却)。

車内に掲示してあった時刻表。この列車の一部は曜日によってはパリ北駅まで行く(450 列車)。そのため、パリ北駅の発着時間が書いてある。また下には経由する主な都市の紋章が表示。一番右がパリ市の紋章。


モスクワ・ベラルースキー駅を発定刻に発車。

モスクワ近郊の駅を通過。モスクワ方向へ向かう近郊列車(電車:エレクトリーチカ)とすれ違った。10両か12両のER2T型だ。

2時間半でヴャジマ(Vyazma)駅に到着。

乗客はプラットホームへ。大部分が喫煙のためだった。

プラットホームを前に進むと電気機関車の交換中だった。

今度の電気機関車はチェコスロバキア製のChS4T型。交流25,000ボルト用だ。実はこの駅は電化方式の切り替え駅だった。

発車を待つ列車。

隣の線路を今まで牽引して来た電気機関車が通過。

ヴャジマ駅を定刻(10:38)に発車。

スモレンスク駅に到着。長距離列車の国境駅(次の停車駅はベラルーシ)なのに電気機関車の交換はしない。

短時間の停車でスモレンスク駅を定刻(12:20)に発車。

ベラルーシの国境駅のオルシャ駅に到着。

列車の後部にサンクトペテルブルク駅からの2両の客車を連結。

連結後の列車。サンクトペテルブルク駅からの客車はなぜか背が低い。

電気機関車の交換はなかった。ロシアのスモレンスク駅からベラルーシのミンスク駅まで牽引するようだ。この機関車はベラルーシ国鉄の所属の機関車なのだろうか。

食堂車は乗車した客車の隣だ。1時間近くいたが利用者は私だけだった。

缶ビールとサラダを注文。

缶ビールをお代わり、豚肉料理を追加。両方ともおいしかった。

食事がおいしかったので扇子をプレゼント。とても喜んで、2人でポーズ。

ミンスク中央駅に到着。列車の前部に2両の客車を連結。

前に客車を2両連結したが、電気機関車は交代しなかった。このままベラルーシとポーランドの国境へ向かうようだ。

電気機関車の運転室に入れてもらった。

発車を待つ列車。

列車はミンスク中央駅を定刻(15:33)に発車しベルリン中央駅に向かった。

新しいディーゼル機関車のTEP70BS型。ベラルーシ鉄道は非電化区間が多い。

これは新しい近郊電車。

ミンスク中央駅の駅舎の内部。最近の建物できれいだった。

駅舎の正面。

駅に掲示してあった主要路線の距離(キロ)案内。なぜか新幹線の100系のイラストが。

駅前にはトラムが走っていた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://tachibana.asablo.jp/blog/2012/12/23/6667547/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。